2018年05月15日

今日のお話は「チャンク」

チャンクとは
① 人間がものを覚える時の「情報のまとまり」のこと
② その場で一度に覚えられるチャンクの数には限界がある
③ 限界はだいたい7±2 である
④ ③の数をマジカルナンバーという


たとえば

1932515 という7ケタの数字。
一つ一つをばらばらなものと考えると7チャンク。今,覚えられたとしても明日には忘れているかも。

1932-5-15 と分けると3チャンク。
私はこの数字を絶対に忘れません。「五・一五事件」の年月日ですので。
そういえば,今日は5月15日でしたね。

まだこの事件については学習していませんので,興味のある人のためにリンクを貼っておきます。
五・一五事件 ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E3%83%BB%E4%B8%80%E4%BA%94%E4%BA%8B%E4%BB%B6 

上でやったように,複数のチャンクをグループ化し,より大きな1つのチャンクにまとめることで,記憶する情報量を増やすことができます。

これをチャンキングと呼びます。(つづく・・・)

                                                      ⇒To be continued
ひとつ前の記事⇒勉強法その21



(14:04)

2018年05月14日

今日のお話は「やる気」

モチベーションの元は脳の側坐核というところでつくられる!

と調べてみたら出てきました。その他,いろいろネットや本で調べました。
研究者ではないので,私は何が正しいのかわかりませんが,何を調べても共通しているのが,

やる気⇒行動   ではなく  
行動⇒やる気   が正しい


ということです。

小学6年生の国語の教科書に,「笑うから楽しい」という文章が掲載されています。
非常に示唆に富む文章です。
①人間の脳は,体の動きを読み取って,それに合わせた心の動きを呼び起こす。
②体の動きは心の動きに働きかける。

これと同じで,モチベーションの元を「側坐核」でつくるためには,刺激が必要。
その刺激は,行動を起こすことで生じる。

だから,「やる気がでないなぁ」と言う前に,とりあえず,やってみようよと生徒の皆さんには言いたいです。
5分でも,10分でもいいから(10分ルール),とりあえず机の前に座るだけでもいいです。

やり始めると,結構やる気がでて「5分だけ」のつもりが,長く続くこともあります。

毎朝,ウォーキングをしています。正直,気が乗らないときもあります。そういうときは,とりあえず外に出て歩く。5分だけでもいいから歩く。何かよくわからないのですが,5分だけのつもりが,結構な時間歩いてしまうことがあります。

連休中も,今日は体がだるいから5分で終わろう思って歩き始めたら,やる気になってしまい,とんでもないところまで歩いていってしまいました。磐田市のほぼ西端まで歩いて行き,そこから東に向かい,気がついたら目の前に松林山古墳(磐田市の東端)が。

この場所から,私の住まいまでは直線距離で7~8キロくらいあります。
5分で終わるつもりでしたので,スマホも財布も持ってきていません。
半べそをかきながら帰宅しました。(つづく・・・)

                                                      ⇒To be continued
ひとつ前の記事⇒勉強法その20



(16:00)

明日5月15日(火)の予定

磐田南部中 中3
中間テスト 直前対策授業(英・数)
午後7時~10時10分


本日は午後5時30分より
校舎は開いており自習が可能です。



磐田南部中は
中間テストまであと3日です。
雨が降ったり 急に暑くなったり, 
また部活疲れが重なったりで
体調を崩さないように気をつけながら,
効率よく勉強していきましょう!







(13:00)

2018年05月13日

HAPPY MATHER’S DAY!
DSCF0417

授業前に行った工作です。
はやりの「ハーバリウム」的なプレゼントを作りました。

全体の工程を理解すると、真剣に作り始める生徒達。

DSCF0404

DSCF0402

砂の配色、花の位置、花の配色、カードの文字の色・・・細かくこだわりました。
DSCF0403

作品への情熱とお母さんへの愛、でしょうね。

すばらしい。

この手の製作が苦手な私は、生徒の集中力とこだわり方に
ただただ感心していました。




橋本



(12:00)

2018年05月11日

昨日の中3の授業は,南部中のテスト1週間前のため,

磐田南部中のテスト対策。

南部中のテスト範囲の中から,竜洋中の期末テストで範囲になりそうな部分を選んで問題を解きました。(社会)

1回目・・・「重要事項のまとめ」のページを見ながらやってもよし,実力でやってもよし。わからないところだけ見てもよし。見たところ,間違えたところに直しをしてしるしをつける。覚える。

答えの丸写しは意味がありませんが,教科書や参考書などからその問題の答えとなる部分を探すことは,勉強になります。

2回目・・・完全に実力で解く。

「頭のよくなる薬はないですか」と,ときどき生徒に冗談で聞かれることがあります。
冗談で返事をしています。「クリカエースという薬がありますよ」と。

演習⇒間違いなおしや確認⇒演習・・・のくり返しで覚えるべきことを覚えていくのが,やはり王道ですね。


本日(11日)は南部中のテスト範囲で昨日 扱えなかった分について対策を行います。

時間は午後7時~午後10時10分です。



(13:44)
今日のお話は「ポモドーロ・テクニック」

pomodoro(ポモドーロ)。イタリア語です。「トマト」という意味です。
pomodoro

「ポモドーロテクニック」とは,キッチンタイマーを使った時間管理術のこと。
この管理術を考え出した人が使ったのが,トマト型のキッチンタイマーだったため,この名前がついています。
65E16BC3-18DD-4FC0-B661-590CC3C4CDCF
この本は,もともとは,仕事の効率・生産性を高めるためのものですが,当然,勉強にも使えます。
連休中にチャレンジしてみました。連休中なら事務所に誰もいません。キッチンタイマーを鳴らしても他の先生に迷惑がかかりません。

やり方
① 25分のタイマーを設定して,作業(仕事・勉強)をスタート
② タイマーが鳴ったら5分休憩
③ 終わった作業の量を確認,次の準備
③ これを4回(4ポモドーロ)くり返す
④ 4ポモドーロ終了したら,15分~30分の長めの休憩を取る
※ ①で25分と書きましたが,やってみて自分が快適だと感じる時間を設定してもOK


注意点
① やるべきことを細かく分ける
② 2つ以上のことを同時にやらない
③ 今やっていることと関係ないアイディア・考えが浮かんだらメモして保留
④ 集中を邪魔するものは机の上から排除,必要なものは手の届く範囲に


夏期講習の中3テキストに関する仕事をしたときのことを例に挙げます。
A問題の見直し  B解答の見直し  C過去の問題(入試など)の見直し  Dアイディアをとにかく書く ・・・と細かく仕事(作業)内容を分け,そのポモドーロ時間には,A,B,C,D・・・のうちの一つだけをひたすらやる。気になることが頭に浮かんだら,メモに書いて保留する。手の届くところにスマホをおかない。友人からメールがきてもとりあえず後回し。ペンや資料集,教科書などを手に届く範囲に置いておく。

結果

恐ろしいほど集中できました。

自分の集中を阻害するものをとことん排除し,時間を区切って一つのことに専念するからこの集中力が生まれるのだと思います。そのときどきに頭に浮かんだことはメモしてありますから,あとでまとめてそれを1つのポモドーロにすることもできます。さらに,1ポモドーロにできる自分の作業量がわかりますので,計画が立てやすくなります。


現在は自宅の部屋の片付けとか,自宅でできる仕事とかをするときに役立てています。
キッチンタイマーはトマト型でなくてもいいので,上の「注意点」をよく読んで,試してみるのもいいでしょう。(つづく・・・)

To be continued(ただし,土日は勉強法の記事はお休みです。)

過去記事リンク
勉強法その17  勉強法その18  勉強法その19



(11:14)

2018年05月10日

竜洋中で4月に行われた進級テストの結果が返ってきています。

数学に関して
点数が低かった分野は,
中2では「平面・空間図形の基本問題」,「資料の活用」,
「立体の体積・表面積」

中3では「関数の基本問題」,「図形の基本問題」,
「1次関数の利用」
だったようです。


竜洋校の
春の復習講習とその後の対策授業では,

中2は「図形」と「資料の活用」
中3は「関数」,「図形」と「確率」

を特に力を入れてがんばりました。

その成果がこちらです。

中2の生徒では
1月の学力調査テストで20点台だった子が
40点を超えました。

中3の生徒のなかには
1月の学力調査テストで10点台だった子が
40点を超えました。
この生徒は自分でも苦手分野を意識して,
わからないところはどんどん質問にきていました。


5月末からは
「期末テスト対策」が始まります!





(12:00)