桐光学院 竜洋校ブログ

桐光学院竜洋校のお知らせや、先生の個人的なことも(!?) お伝えしていきます!

桐光学院HP
http://www.tokogakuin.com/

変えるべきは何か?(相馬)

ある個別指導塾のテレビCMが目に留まりました。
声高にこう言っていました。
「先生も選べます(つまり先生を替えられます)♪」

面談などで多くの親御さんからお聞きします。
(我が子が)ゲームばかりやっていて…」

多くの塾生たちも言っています。
(勉強をやろうと思うんですけど)ゲームをやっちゃいます」

そして今日、読売新聞にこんな記事が。
❝ゲーム依存で人生が狂った❞
まぁ極端な例だから記事になっているのでしょうけれど、
ゲームのせいで親子の生活サイクルが狂うなんてことは、
かなり多くの家庭で起きているのではないでしょうか。

私もゲーム世代なので生徒たちの気持ちはわかります。
確かにゲームはおもしろいですし、現実の世界と違って、時間やお金を注ぐことで成果に結びつきやすく、自己満足に浸れます。思うようにいかないことも多い勉強とは違います。それ故、ゲームを親から禁止されると荒れて暴力的になったり、日々の充実感を得られず何事にも無気力になったり、親御さんもどうしていいかわからないということもあるでしょう。

中学生は、様々なプレッシャーと戦っています。
そして、そのプレッシャーの中でも、中学生にとって厄介なのが【勉強・成績】に関するストレスです。出来るだけ少ない負担で成果を出したいのは誰もが思うことですが、こと成績が悪い、順位が下がったとなれば、「何が原因か?」と、自分より立場の強い親に問いただされることもあるでしょう。
そしてほとんどの子が、それを問われた時に、
「自分がゲームをやりすぎているからです。スマホをいじりすぎているからです。朝起きられないのは、こっそり真夜中まで動画を見ているからです。これからはそれをやめて勉強に取り組みます」
とは言わないはずです。

学校の授業が云々…
塾が云々…
テスト問題が云々…

挙句の果てには開き直り、
他にもっと成績の悪い子はいるとか云々…
頑張りたくてもガヤガヤうるさいからやる気をなくすし!…云々

他の塾をやめて桐光に来てくれる子、
初めての塾に桐光を選んでくれた子、
本当にありがとう。その選択は正しいです。
それをこれから一緒に証明していこう!

でも、まず一番変えなければいけないのは、
自分の生活習慣・勉強習慣かもしれませんよ?
桐光に入った、塾を替えた、部活を替えた、先生を替えよう…etc

他を変えようとせず、他を言い訳にせず、
まずは自分を変えて臨んで欲しい。
今までと違う自分、今までの自分を超えた自分になれる場所【桐光】で頑張って、すべてを乗り越えていこう!

IMG-PHOTO-ART-546186060

いよいよ大詰め 橋本

学校の課題もおおむね終わり、テスト範囲を一通りやってみた結果、今週は「ここがわからない」という質問が噴出する・・・と理想的です

テスト問題が「解ける」ためには、

「苦手なところ、覚えていないところはどこだろう」
「ここが苦手だった。もう一度学習しよう」
「苦手なところが克服できた。できるように覚えなきゃ」
「穴がないように繰り返し確認しなきゃ」

という段階が必要です。

中学校の学習範囲は複雑ですので、「わかる」と「できる」の間に大きな溝があります。

その溝に、勉強という名の橋を確実に架けるためには直前ではなく今週に質問ができると、素敵です。

とはいえ。
直前でも点数は上がります。理科と数学の「ここがよく聞かれる」ポイントを演習する「理数特訓」を

今週の日曜日6/9

中1 7:00~9:00
中2 4:30~6:30
中3 7:00~9:00

塾生でなくても無料で参加可能です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

橋本

「読み取る」ということ  (智久)

これまでに、先生から「問題をよく読みなさい」と注意を受けたことのない中学生は、たぶんいないのではないかと思います。

どの教科でも、テストでのミスの多くは、問題文で聞かれていることを取り違えた(わからなかった)ことが原因です。

単純に、「記号で答えなさい」という問題なのに、言葉で答えたとか、「あてはまらないものを選びなさい」と指示されているのに、無理やり当てはまるものを一つ選んでしまったとかいうミスもあります。

少し難しくなると、覚えたことを実際に使えるかどうかをテストでためされます。たとえば、下の地図で、東京-ロサンゼルス間の最短距離はA~Cのうちどれか、などと聞かれます。
4471a239601a7ab7e63c39cdb930ae2f
もし、この問題を初めて見たら、「習っていない」と感じる子も多いと思います。でも、この地図では、距離は正しく書かれていないということは習っているはず。そうしたら、地球儀のうえで移動してみたら…と想像すれば(←ここが実はむずかしいところだけれど)、どれが一番短い距離なのか分かると思います。

習った事項を覚えるのも大変だけれど、それを使えるようになるには、一定量の勉強が必要。

今週から始まった、竜洋校の新しいシステムなら、こうした応用面まで一人ひとりにアドバイスすることができます。今度のテストですぐに成果が出るように、これまで以上に密度の濃い指導をしていきます。

対策授業 実施中

桐光では、各中学校のテスト範囲にあわせた

【テスト対策授業】

通常授業に加えて実施しています。
(個別授業と同じく塾生は無料

竜洋中で出題されやすい問題を集中的に学習していますので

「用意された問題を丁寧に解く」

ことで効率よく学習するることができます。

特に中1生は初めての定期テストですので、解き方や取り組み方も丁寧に指導していきます。

桐光では1週間の無料体験ができますので、塾をご検討の方はぜひ一度体験授業にご参加下さい。

お電話、お待ちしております。

桐光学院本部 053-464-3313


橋本



リノベーション (稲垣)

一昨日相馬先生が告知した通り、昨日の授業から竜洋校は大きな変革を始めました。

写真のように、少人数の個別授業で時々実施してきたような、これまでとは全く違うスタイルで集団授業をおこなっています。


授業の内容や時間配分も大きく変化し、


生徒一人一人の求めるものをより多く提供できるような

保護者の方が塾であった様々なことを毎回子供から聞くことができるような


そんな形を模索して教師全員で考え、話し合い、スタートさせました。

変更内容や生徒の反応など、詳細は今後もブログでお伝えしていきます。


IMG_1970


事務室横に掲示された実篤の詩。

ことあるごとに読み・反芻しているこの詩の精神に違わぬよう

まずは教師と校舎が変化(進歩)していきます。


IMG_1965


成功ではなく、成長にこだわる(相馬)

マイケル・ジャクソン然り
フレディ・マーキュリー然り
私はその人が亡くなってからその価値を知り、
思いっきり好きにある傾向にあります。
しかしもう彼らのライブには行けません。
なんと残念なことか。

そういえばこの間、
水曜日の北浜校中2Sの授業で、
こんなことを言ったのを思い出しました。
私「今日は《未来の表現》を教えるよ。
今まで進行形や過去形を教えてきたけど、今日先生の授業を受けたら、
俺たちの人生で最も大事な《未来》のことを英語で表現できるようになるからね。」

★「はい」
私「ん?自分で言って何か引っかかるな…。
一番大事なのはもしかしたら未来ではないかもしれない。
《今》というか《現在》だよな。今が未来につながっているんだから。
まぁそれはそうとして《未来の表現》をやっていこう!」


今ほど大事なものはありません。
それなのに、先のことを見すぎて、
先を見るのが尊いような気がして、
今を意識しないことがあります。

中学生は期末テスト、受験生は《受験》を、
意識させられる局面があると思います。
でも
「そろそろ頑張ろうかな」
そう思った時には、すでに残された時間を半分ぐらい失っているかもしれないのです。
本気になるのは将来を思う時ではなく《今》であれ!

今日の授業に変革をもたらします。
お楽しみに!

fff5a8eb[1]


6/9 無料 理数特訓

定期テスト直前の日曜日6/9に理数特訓を

中1 7:00~9:00
中2 4:30~6:30
中3 7:00~9:00

の時間帯で実施します。これは、塾生でなくても無料で参加可能です。

教材はこちらでご用意します。

広い範囲の期末テスト。絶対にはずせないポイントと解き方を解説します。

塾生から渡された申し込み用紙か、お電話またはホームページからメールでお申し込み下さい。

橋本



livedoor 天気
ギャラリー
  • 夏期講習 受付開始
  • 朝学そしてテストへ! 
  • 「色々」な変化 (稲垣)
  • 朝に学ぶ
  • その一歩 (稲垣)
  • 変えるべきは何か?(相馬)
アクセスカウンター

    記事検索