桐光学院 竜洋校ブログ

桐光学院竜洋校のお知らせや校舎の様子を更新中!

桐光学院HP
http://www.tokogakuin.com/

中1勉強のやり方講座

昨日、12/14には、中1勉強のやり方講座を実施しました。

IMG_7139t














以前のブログでも紹介した話題ですが、昨日の講座で中1たちに話したのは、

セブンイレブンのロゴを正しく書けますか?

ロゴといっても、看板にある文字だけでいいのです。正解は、

seven










ELEVEN の最後のNが小文字(n)になっています。

普段よく目にしているものでも、意識して見ることをしないと、正確には覚えていないものです。逆に言えば、この「意識して見る」ということこそ、「覚える」ということなのですね。

この「意識して見る」ことを、講座の中で実践してもらいました。

忠臣蔵

今日、12月14日は、赤穂浪士の討ち入りの日。「忠臣蔵」ですね。

……「忠臣蔵」ですね、などと言いながら、実は、この話にあまりなじみがない。

一応の知識はありますよ。
赤穂藩主浅野内匠頭が吉良上野介のいやがらせにブチキレ。
江戸城内で浅野が吉良に切りかかる。
浅野は切腹、吉良はおとがめなし。
これにキレた赤穂の浪士たちが、吉良の屋敷に乱入して、復讐成功。
ただし浪士たちも、切腹させられた。

こんな話。

江戸時代の歌舞伎では、どんなに客が入らない時期でも、「忠臣蔵」をかければ、大入りになったといわれているくらい、ずっと人気のある話です。

でも、どうもピンとこない。

なぜ浅野さんが吉良さんに切りかかったのかもよくわからないし、仇討ちしても切腹になってしまうのになぜ決行したのか、その心情もよくわからない。そもそも、主君の仇討ちをしようという気持ちが分からない。

気持ちが分からないから、この話に入り込むこともできず、結局なじみのないものになってしまった。

ただ、入試問題の小説を読むときは、こんな心境で読むのが必要だと思います。ヘンに登場人物に思い入れを感じてしまうと、その思いが正しい方向なら、ドンドン正解できるけれど、違う方角なら、間違いの連鎖になってしまう。そうならないために、登場人物と一体化するのではなく、すこしはなれたところから眺めているように受験の国語には接していきましょう。

総選挙

今日12月14日は、総選挙の投票日。

中3が公民で習った「選挙」のことがリアルタイムで現実になっています。

安倍さんが首相になる前は、一年に一度、総理大臣がかわるという時期が続いたので、毎年「新しい総理大臣の名前を覚えよう。漢字でフルネーム書けるようにしよう」と中学生たちに授業で言っていたものですが、ここのところその心配はない。今度の総選挙でも、政権交代はおこりそうもないから、新しい名前を覚える必要はなさそうです。(´∀`)

ただ、受験生は、選挙関連の事項を復習しておくこと。本番で問われるかもしれないから。「復習する」より、今日からの政治の動きをチェックし続ければ、それでOKだと思う。その方が手間もかからず、楽だ。

入試の社会では、時事問題そのものは出ないけれど、その時々のトピックスに沿った出題はしてくるから、今年の漢字になった「税」とともに「選挙」「国会」も注意しておこう。

中3入試講習が始まりました

昨日から、中3入試講習がスタートしました。

講習&通常授業用のテキストを5教科分渡された受験生たち。

以前なら、
「この前もらったテキスト(入試対策テキスト)にプラスしてこれもやるの(`・д・´)」
「ここからまた宿題が出るでしょ。ありえない(*`Д')」
と叫んでいた子たちが、
今回は、すぐさまテキストに名前を書き始めました。

「入試対策テキスト」と「講習&授業用テキスト」が、中3生たちに桐光から渡す最後のテキスト。

だから、やり飛ばすのではなく、丁寧に解く。答えを書き写すのではなく、答えを読んで理解してしっかり直す。

中3の子たちも、もう分かっています。でも、スタートの日だからあえてもう一度書いておきます。あと2ヵ月半。誠実にこのテキストたちと向き合ってください。

入試対策補習

中3入試対策補習
12/15(月)
午後7:40~10:10

英語・数学の質問をしっかりためて、補習に臨もう。

質問する力を養うのが実力アップの近道。

質問するためには、何がどう分からないのかをわかることが必要。

これが分かるようになるだけでも、一つステップアップしているはずだよ。

今年の漢字

今年の漢字が「税」に決まりました。

消費税が8%に上がった年だし、10%に上げるのは先送りされた年だし、決まってみれば、その通り、という字かもしれません。

中3は、まさに「税」について今習っているところでしょう。(まだ、の中学校も3学期すぐに習うはずです。)

税金は、まだ中学生には、身近なものではないかもしれません。実感がないから、あまり興味を持てないかもしれない。出てくる用語は難しそうなものが多いから、勉強するのを敬遠しがちな分野です。

しかし、これまで習ってきた「国会」や「内閣」「地方自治体」は、税金をどう使うかを決めるのが仕事だと言っても過言ではありません。

適切に使われているのかどうか、しっかりチェックしていく目を持つのは、今からでも決して早くはないと思います。

クリスマス工作スタート

来週月曜日からは、小学生のクリスマスイベントが実施されます。

Microsoft Word - 文書 11













すでに実施した校舎からは、イベントでの興奮した様子や楽しそうな雰囲気が伝わってきています。竜洋校も負けじと盛り上がっていきましょう。

今年作る〇〇ー〇ー〇は、なかなかいいですよ(ホントに)。
理科の永田先生は、試作の段階で、
すでにテンションMAXでしたよ。

アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 一緒に懸命 (稲垣)
    • 一緒に懸命 (稲垣)
    • 一緒に懸命 (稲垣)
    • 一緒に懸命 (稲垣)
    • 秋期講習 橋本
    • 記憶は思い出せてなんぼ
    livedoor 天気