2018年05月10日

今日のお話は「中途半端な時間」

旅行へ行くとき,着替えなどの荷物をバッグに入れるのが,子どものころ苦手でした。
恥ずかしながら,小学校高学年になっても母親に入れてもらっていました。
でも,帰りになると,特に荷物が増えていないのに,なぜか全部をバッグに入れられない。

なぜなのか母親の荷物の入れ方を見て考えました。

荷物と荷物のすき間に,小さい荷物を効率よく入れている

ということに気がつきました。




時間の使い方もそれと同じ。

先日,久しぶりに電車に乗りました。独りで出かけましたので,私はその時間,ただボーっと外を眺めていただけです。隣に座っていた高校生は必死になって英単語の勉強をしていました。

一日のうちに,すき間時間,半端な時間,切れ端のような時間というのは必ず出てきます。
夕食が出来あがるのを待つ時間,他人を待つ時間,乗り物に乗る時間,見たいテレビ番組を待つ時間などなど。

中途半端な時間に何をするのか決めておく

ノートの見直しとか,単語カードを作っておいてそれを見直すとかいくらでもやれることがある。その時間の積み重ねが将来,大きな差になる。



旅行カバンならば,荷物が入りきらなかったら,大きいものを用意すればいい。しかし,時間についてはそれができない。どんな人でも1日は24時間=86400秒。世の中にこれほど平等なものはない。
入れ物の大きさを変えられないのならば,入れ方を変えるしかない。(つづく・・・)

                                                      ⇒To be continued


過去記事のリンク
勉強法その16  勉強法その17  勉強法その18



(11:08)

2018年05月09日

今日のお話は「覚え方」


タイ王国の首都はバンコク。
バンコクの正式名称は・・・

「クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット

現在,自分自身を被験者にして実験を行っています。
私は,タイ語はできません。したがって意味もわからない。
どういう工夫をしてこれを覚えるかという実験。


① 耳をつかうⅠ
動画サイトで本場のタイ人の方が発音している動画を見つけましたので,それを何度も聞く。お手本にする。
発音よりも,アクセントやリズムに注意して聞く。
② 分割する
一度に全部は無理です。長すぎます。適切なところで分けます。
③ 口をつかう
分けた部分を時間を決めてくり返し言う。
④ 耳をつかうⅡ
声に出して言うことで自分の声が耳に残ります。耳で覚えたものを何も見ないで言ってみる。暗唱してみる。


現在,何とか3分の1くらい言えるようになりました。この実験が成功するかどうかわかりませんが,とりあえずやってみます。今度の日曜日にタイ人のお坊さん(その方は日本語ペラペラです)とお会いする機会がありますので,何とかそれまでに。


アドバイス
文字を見るだけで覚えられる人はほとんどいないでしょう。覚えられない,となげく前に,目以外の部分,たとえば口や耳を使って覚えましょう。そうすることで記憶が定着します。
(つづく・・・)

                                                      ⇒To be continued


過去記事のリンク
勉強法その15  勉強法その16  勉強法その17



(11:12)

2018年05月08日

桐光学院では,今年度もトップ高校を狙う生徒を対象に「特進コース」を開設します。
他のどの塾よりも早く始め,毎年高い倍率となるトップ高校の入試でも,ライバルに負けない思考力や知識量を身に付けることが目的です。

トップ高校への合格を目指したいという塾生には受講をおすすめしております。
毎年50名以上の特進コース生が合格しています。


説明会では
,昨年度の特進コース生の進学実績や,本年度の指導内容など説明させていただきます。なお日程やその他,特進コースのことでご相談がございましたら,遠慮なくお問い合わせください。
Microsoft Word - 文書 12



(12:00)
去記事のリンク
勉強法その14  勉強法その15  勉強法その1



仏教の中でも特に密教で考えられている世界を絵柄で表したものを曼荼羅(まんだら)といいます。
仏様がたくさん書かれた絵です。
サンスクリット語で「मण्डल」と書くそうです。
いきなり何の話をしているのでしょう。

今日のお話は「マンダラ勉強法」

私が高校生のとき読んだ雑誌にこの勉強法が書かれていました。ネーミングはこの通りだったか忘れましたが。
これは,たくさんの事がらを関連付けて覚えるための勉強法。

pdf1

図の説明。
① ど真ん中にまとめたいものの内容を書きます。(大項目と書いてあるところ)
② ①のまわりに,①に関して思いつくことをどんどん書いていきます。ノートなどを見ても無問題。(中項目と書いてあるところ)
③ ②を図の矢印にしたがって,まわりにあるマス目の真ん中に書きます。
④ ③のまわりに,③に関して思いつくことをどんどん書いていきます。教科書,ノートを使ってOK。


この図だと,8項目書かなくてはいけないので,なかなか大変です。そんな場合は4つ角をけずって
マンダラ
のようにまとめてもいいでしょう。さっき,急いで作りましたので,文字が雑なのと下手なのはご容赦下さい。

(つづく・・・)

                                                      ⇒To be continued




(11:12)

2018年05月07日

 過去記事のリンク
勉強法その13  勉強法その14  勉強法その15 



今日のお話は「暗記について」


突然ですが,連休中に静岡で演劇祭をやっていたので,観に行ってきました。

 

この動画は,インドの長文の叙事詩である「マハーバーラタ」の中に挿入された物語のひとつ。
NO予習で存分に楽しめます。わかりやすいです。家族で見るのにもピッタリ,お勧めです。
こういうものを県内で観られるのは素晴らしいと感じました。


話を勉強法に戻します。

「マハーバーラタ」の本を読み始めました。

本はきつい。なかなかページが進まない。
理由は,名前を覚えるのが難しいから。

たとえば,ドゥルヨーダナとかドゥフシャーサナとかユディシティラとか・・・・

こういう名前がたくさん出てくる。

ページを読み進めていくと,あなた誰でしたっけ?という感じで何ページも前にもどる。

そこで,人物関係図を作成しました。AさんとBさんは親子,CさんとDさんは敵対関係・・・
その人物関係図に下手くそなイラストを入れてみたら,読むのが少し楽になりました。


歴史の勉強に関するアドバイス
① 人物関係図をつくる⇒敵対関係,協力関係,親子関係,系図など

② 人物関係図にイラスト(資料集の写真や絵を参考にする)を書き入れてみる
⇒文字だけでは頭に入りにくいですが,絵や写真を入れるとイメージに残ります。


(つづく・・・)

                                                      ⇒To be continued




(14:32)
昨日でゴールデンウィークも終わりましたが,
お休み中はしっかり自宅学習ができたでしょうか?

南部中は来週に中間テストがあるため,
多めに出ていた宿題は今日の授業からチェックしていきます。


本日は午後5時半より校舎が開いており,自習が可能です。




(12:40)

2018年05月05日

竜洋校で「理科」を教えている橋本先生です。

橋本先生は懇切丁寧な指導が定評です。
またいつも優しい笑顔がトレードマークの先生は
小学生にも大人気です。

ちなみに橋本先生の座右の銘はこちらです。

「君子豹変す」
徳の高い立派な人物は、過ちに気づけば即座にそれを改め正しい道に戻るものだということ。

DSC_0292-1 - コピー
 本部で仕事中の橋本先生。


(13:00)