桐光学院 竜洋校ブログ

桐光学院竜洋校のお知らせや、先生の個人的なことも(!?) お伝えしていきます!

桐光学院HP
http://www.tokogakuin.com/

今年の漢字

今年の漢字が「税」に決まりました。

消費税が8%に上がった年だし、10%に上げるのは先送りされた年だし、決まってみれば、その通り、という字かもしれません。

中3は、まさに「税」について今習っているところでしょう。(まだ、の中学校も3学期すぐに習うはずです。)

税金は、まだ中学生には、身近なものではないかもしれません。実感がないから、あまり興味を持てないかもしれない。出てくる用語は難しそうなものが多いから、勉強するのを敬遠しがちな分野です。

しかし、これまで習ってきた「国会」や「内閣」「地方自治体」は、税金をどう使うかを決めるのが仕事だと言っても過言ではありません。

適切に使われているのかどうか、しっかりチェックしていく目を持つのは、今からでも決して早くはないと思います。

クリスマス工作スタート

来週月曜日からは、小学生のクリスマスイベントが実施されます。

Microsoft Word - 文書 11













すでに実施した校舎からは、イベントでの興奮した様子や楽しそうな雰囲気が伝わってきています。竜洋校も負けじと盛り上がっていきましょう。

今年作る〇〇ー〇ー〇は、なかなかいいですよ(ホントに)。
理科の永田先生は、試作の段階で、
すでにテンションMAXでしたよ。

隔靴掻痒

進路面談が始まり、保護者の方々のお話を伺う機会が続きます。

この時期になると、保護者の方々の気持ちは、大体同じ。
「何かしてあげたいのに、何もできない」というもどかしさを抱かれる方が多いです。

隔靴掻痒。(かっかそうよう 靴の上から足のかゆいところをかく、の意から、思うようにならないで、もどかしいこと。)

「何もできない」ことは、ありません。

受験で一番大事なのは、健康を保つこと。

寒さが厳しくなる時期だからこそ、子どもたちの体調面をこれまで以上にケアしていただけるとありがたいと思います。

問題を解くスピード

福田校の坂井先生が、福田校ブログに、問題を解くスピードをテーマに記事を書いていました。

福田校ブログ http://fukude.blog.jp/archives/18481708.html

確かに、今回の中3学調では、「時間が足りなかった」という声が聞かれました。特に国語。

テストでは、必ず時間制限があります。この時間との戦いが、受験生最後の課題と言ってもいいでしょう。

速く解くことを意識すると、設問をしっかり読まずにケアレスミスをしたり、字が雑になってつまらない減点をされたりする人が多い。「速く解く」のは、決して解く過程を飛ばしたり、手を速く動かしたりすることではないのです。

「速くする方法」はないが、「速くなった」人はいる。おのずと問題を解く速さが上がるように一歩一歩力をつけていきましょう。

ただ、速く解けるのに回り道をしている子もまれにいます。そんな子には、個別にアドバイスしていきますよ。

プラシーボ効果

ご家庭でできる小さなおまじない。

たとえば、必ず朝、緑茶を二杯飲む。緑茶は風邪やアレルギーの予防効果があるそうです。

寝る前に必ずホットミルクを飲む。ホットミルクはストレスを軽減して、リラックスさせる効果があるそうです。

効果は何でもいいのです。体によいイメージがあるものなら何でも。

受験当日まで続けていけば、当日同じことをしたから大丈夫という気になれます。

ただの思い込み? いえ、「大丈夫」と思い込める「プラシーボ効果」が発揮されました。

12週間

翻訳された本を読んでいると、時折「週給」という言葉を目にします。

たぶん、イギリスのものに多く出てくると思います。「週給〇〇ポンド」なんて言っていた気がするから。

日本では「週給」という考え方は一般的ではないので、目にするたびにちょっと引っかかります。日本では、日給か月給。

そういえば、向こうでは「休暇」も週単位で言うことが多い(気がする)。日本では、週単位の休暇をとることは、まずない。

そんなことを考えていて、ちょっと数えてみました。

公立高校の入試まで、あと12週間です。

「入試まであと100日」という記事は、他校のブログでも見ましたが、100だと、「まだ」100日もあるのか、と感じてしまう人も多いと思います。

ところが、12だとかなり切羽詰った感じ。この12週をどう活かすか。

1週間で薄い問題集を1冊やるのはそれほど困難ではないはずです。そう考えると、12冊の問題集がやれる。かなりの勉強量になるはず。

そう考えれば、今手元にある「入試対策テキスト」をやりこなすのは、さほど困難ではないですよね。
4071c096-s

中3進路面談

各中学での中3の進路面談が始まりました。

それに合わせて桐光でも中3進路面談を行っていきます。

保護者様には、メールで桐光の進路面談の日時を順次お送りしております。

ご都合に合わせて、面談を組んでいきますので、多少調整のお時間を頂く場合がありますが、ご了承ください。

昨年度は、どちらかといえば、平穏な入試だった磐田地区の高校。今年は、定員減裁量枠の導入など、昨年のデータが一部通用しない高校もあります。

また、近年は竜洋地区から浜松の高校を志望される方も増えていますので、その点も踏まえて、進路についてご相談していきたいと思います。

livedoor 天気
ギャラリー
  • 今日から君は (相馬)
  • 葉桜 (稲垣)
  • 高校入試の平均点
  • 「初めまして」 (本村)
  • 早期五月病? (稲垣)
  • ❝事故❞流 (稲垣)
アクセスカウンター

    記事検索