桐光学院 竜洋校ブログ

桐光学院竜洋校のお知らせや、先生の個人的なことも(!?) お伝えしていきます!

桐光学院HP
http://www.tokogakuin.com/

竜と天気 

今週末の翔竜祭の天気が心配で戦々恐々としております。

翔竜祭が予備日にズレても、期末テストもずれたりしませんので・・・

当日、ぜひ決行できる天気であってほしいものです。


そして翔竜祭のあとは期末テスト、と言いたいところですが部活の大会や記録会が待っていますね。

期末テスト対策日程を後日お配りしますが、もし参加できない日がありましたら事前にご連絡ください。

よろしくお願いいたします。


橋本

皿洗い (稲垣)

我が家には5歳になったばかりの娘がいます。

当然、私が業務を終えて帰る時間にはぐっすり夢の中です。

一緒に妻が寝ているときは、一人わびしく食事をとるわけですが、最近食後の皿洗いを始めました。
(このブログをお読みのお母さま方には「最近~?自分の使った食器くらい洗うのは当然のことでしょ!」と怒られそうですが・・・)

独りの時は自分で家事をしていましたし、むしろ好きな方だったのですが、「お気に入りの洗剤」「お気に入りのスポンジ」「ピシッと食器が並ぶサイズの水切り」など、こだわりのグッズがないとどうもモチベーションが上がらなくて・・・(はい。言い訳ですね。)

でも、朝起きてシンクに洗っていない食器を見たときの妻のテンションを想像し、「これくらいはちゃんとしよう」と一念発起したわけです。


とはいえ、お伝えしたいのは最近の稲垣家の報告ではなく、「皿洗いと宿題は似ている」ということです。


何度も告知した通り、GWの前後で各校舎・各学年のテキストチェックを実施しました。

解き方や単元別正答率にそれぞれのクセが出るのは当然ですが、一番気になったのは「丸付け・解き直し」の方法です。


①丸付けをしていない問題がある → 論外

②解き直しが「答え写し」になっている → 急いで解いた(書いた)のが一目瞭然

③解き直しの途中で書くのをあきらめて「わかりません」という付箋が貼ってある → OK!


せっかくお皿を洗っても、洗い方(答え合わせ)がいい加減で汚れ(疑問)が残っていたらあまり意味がなくなってしまいますよね。

洗い流すときにサッと確認し、イマイチだったものをしっかり洗い直す(解き直す)だけでだいぶ効果は変わってくるはずです。

もし自分の方法で正しいのか不安だったら、慣れた人に聞けば(教師に質問すれば)済む話


隅々までピカピカに光るような洗い方(テキストの仕上げ)をしろとはいいません。(私がそう言われたら泣きます)

でも、せっかく時間と労力を使って勉強したなら、「頑張ったね」と一声かけたくなるような仕上がりであって欲しいと思います。


チェックした全員のテキストにメッセージを書いてあります。

「再提出(洗い直し)じゃないからオッケー」と思わず、もう一度自分のテキストへの向き合い方を見直してみてください。


自主的な再提出はいつでも受け付けています。

もちろん、新たに発見した質問も喜んで受け付けます。

食器

もぐもぐ (相馬)

磐田にちょっと洒落たパンケーキ屋さんがあります。
❝カフェ モグモグ( Cafe mog mog )❞
ご存知だという親御さんも多いかもしれません。
オシャレなパンケーキ屋さんなんぞ磐田にあまり無いためか、
土日はOPENから午後2時台まではウェイティングになり、
待つのがなかなかしんどいです。
でも3時を過ぎると普通に空いてくるので、
行くなら午後3時過ぎ、小腹が空いてくる時間帯がオススメです。
ここのパンケーキは私にはちょっと柔らかすぎて食べ応えがあまり無いのですが、
ハチミツがとっても美味しいです。
最後にグイっと飲みたくなるほどサラサラしています。

しかも店舗入り口の左側にはレンタルルームがありまして、
小さなお子さん連れで周りに気を遣いそうな時や、
ママ友同士の密談などで使いたい時は、
あらかじめ予約しておくと便利に使うことができます。

さて、なぜ私が先日このお店に行ったかというと、
私はカフェで勉強するのが好きです。
とはいえ、昨今は【長時間の勉強はご遠慮ください】
という貼り紙がしてある喫茶店なども増えてきているので、
ノートを開いて、筆箱を置いて、というのは危険なご時世です。
それ故私は、スマホと小説を使って勉強(仕事)をしています。

もうすぐ桐光では各校舎で【特進コース説明会】がありますが、
私はその特進コース《英作文》の問題の種を、
小説を読みながら拾っているのです。
ここ数年、公立高校入試の英作文は、会話調といいますか、
例えば【相談に乗るよ】のように、[相談][~(相談に)のる]など、
一見、中学校では習わないような言い回しを英語で表現させる出題が続いています。
【私は明日、買い物にいくつもりです】のような、
文字通り日本語を英語にすればいいような問題は出ません。
学校の期末テストレベルの英作文が出来るだけでは、
公立高校入試には対応しきれないのです。

試しに出題してみましょう。
中3のお子さん見せて、
出来るかどうかお試しになってみてはいかがでしょうか。
もし出来たら入試レベルの英語力を備えていることになります。
なお答えが正解かどうかわからないこともあろうかと思います。
その時は、私たち英語教師に校舎で尋ねるようにとお子さんにお伝えください。

問題1 《君に任せるよ》 ※目の前の相手にかける言葉
問題2 《笑う門には福来る》 ※目の前の相手にかける言葉
問題3 《元気があれば何でもできる》 ※目の前の相手にかける言葉

私の英作文ネタ帳には既に250文程度のストックがありますが、
毎年、入試の出題も巧妙になってきているので、
私も教材研究を進め続けるしかないのです。
もちろん私の仕事は全ての塾生の第一志望合格なので、
特進コースのための教材研究だけをしているわけではありません。
家にいるとこういう勉強(研究)が捗らないので、
今週末もどこかに出没するでしょう。
ばったり出会ったら、ぜひ遠慮なく声をおかけください。

15577213165210
15577213165601

特進コース

2019年 特進コースが動き始めます。

志望校が磐田南、浜松北、浜松西、市立等のトップ高校を志望する生徒が対象の特別コースです。

まずは今年度の特進コースについての説明会を実施します。

そして、どこよりも早く6月から受験対策をスタートしていく予定です。

少しでも差をつける、意識を早く上げて取り組みを変える、そういう意味を含めて早い段階からのスタートです。

説明会は5/23(木)を予定していますが、個別面談という形で説明させていただく場合もあります。


橋本

絵で覚える 橋本

大きな世界地図(鈴木先生が作って下さいました)

岩石やプレートのポスター(つくばの地質標本館でもらいました)

原子や量子のポスター(つくばの産業技術研究所でもらいました。焼津のディスカバリーパークでは品切れになっていたレアものです!)

などなど、「見たことない」掲示が増えつつある竜洋校です。

目で見て「イメージ」ができてほしいという打算(?)のもと、増やしていく予定です。


さて、翔竜祭が終わったら「対策授業」のスタートです

学校のテスト対策よりも一足早く、スタートを切っていきます。


以下の写真は前に再掲載です。


裸子植物の「ソテツ」と、普段なかなか見ない「マツの花」です。
DSC_0311




IMG_3770

橋本

GWの成果の確認 

「先生!心を入れ替えて勉強します!」

とGW前に宣言した生徒もいた竜洋校の生徒たち。

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

とは様々な人が似たような意味を言っている有名な言葉ですが、私は一行目の「心を変えてから行動を変える」ことがとても難しいことだと思っています。

橋本家ではもうちょっと話を小さくして

「気持ちは目に見える」(気持ちがあると言うのなら、行動しないと信用しないぞ)

が家訓(?)になっています。

さて、本日。

気持ちが変わっていることを「見る」ことができるのでしょうか。

楽しみにしています。

橋本

花は咲くよ花は咲く

春は桜だけでなく、いろいろな花が咲きます。

中1の理科は植物や花の分野の学習から始まります。

指導要領が変わっても、こういった大まかな流れは変わらなさそうです。

ところで、花が咲くのは桜やツユクサなどの被子植物と松などの裸子植物、というと

「松って花が咲くの?」

と必ず聞かれます。

咲くんです。意識しないと「花」とは思えませんが。

平成最後の日に、皇居で見事に咲いているのを見つけました。
IMG_3770


中央のカニの眼みたいなものが雌花(めばな)
IMG_3778

根元のモコモコが雄花(おばな)

意識しないと、なかなか見る機会がないもののひとつです。


橋本
livedoor 天気
ギャラリー
  • 夏期講習 受付開始
  • 朝学そしてテストへ! 
  • 「色々」な変化 (稲垣)
  • 朝に学ぶ
  • その一歩 (稲垣)
  • 変えるべきは何か?(相馬)
アクセスカウンター

    記事検索