2018年05月04日

過去記事のリンク
勉強法その12  勉強法その13  勉強法その14 



今日のお話は「グリット(GRIT)」

勉強法や仕事術の本などを読んでいてよく出てくる言葉。「グリット力(りょく)」と検索をかけると約60万件引っかかる。

経営コンサルタント⇒教師⇒心理学者という経歴を持つ,アンジェラ・ダックワース博士の研究から注目されている。

TED(Technology Entertainment Design)で博士が講演した時の様子も動画サイトで見られます。(英語でしゃべってますが,字幕がついているので大丈夫でした。)


グリット発見の背景
軍事教育学校,「ナショナル・スペリング・ビー(単語のスペルの正しさを競う大会)」に出場する生徒,教師,企業のセールス担当者を調査対象にして研究。
成功を収める人たちは,共通してある1つの性格を持っていることが明らかになった。
それは,学歴や知能の高さ,外見の良さや身体能力でもない。
その共通する性格がグリット


グリットの定義
物事に対する情熱+粘り強さ=グリット。
「物事に対する情熱であり,何かの目的を達成するためにとてつもなく長い時間,継続的に粘り強く努力することによって,物事を最後までやりどげる力」のこと。


グリットチェック
直感でやってみましょう。だれも見ている人はいませんから,ツッコミが入ることはありません。結果はスクロールすると見られます。
pdf1

グリットを高めるには
正直,アンジェラ・ダックワース博士もはっきりとはわからないそうです。
ただ,アドバイスとして話してくれています。

① 何をどうすれば成功できるのかを知るために,失敗をおそれずに積極的に挑戦し,失敗を重ねる。たくさん失敗して,失敗から学んだことを次にいかして,何度でもやり直す習慣をつける。
「グロースマインドセット」(自分の成長は経験や努力によって向上できるという考え方)を教えた後に,子どもたちに問題を解いてもらったところ,難しい問題に対しても失敗を恐れず,自ら挑戦しようとするという実験結果が出たそうです。

② 大人が見本となる
がんばります。


私からは
① スモールステップ
いきなり大きいことをやろうとしても,なかなか難しいという人が多いと思いますので,まずは小さいことからコツコツと。小さな成功体験を積み重ねていくといいのでは。

② ハードなことにチャレンジ
①で自信がついたら,②を。周囲の人に宣言して挑戦せざるを得ない環境をつくるといいかもしれません。


グリットチェックの結果
下の表を見て10項目の得点を合計して下さい。その合計を10でわったものが,あなたの点数です。

1000人で調査を行った結果,平均値は3.21

アメリカ人の平均値は3.8

将棋の羽生善治さんは3.88

わたしは,ぴったり3でした。恥ずかしながら,平均値よりも下です。
pdf2

(つづく・・・)
To be continued(ただし,土日は勉強法の記事はお休みです。グリットが平均値より下の人間ですので。)




(11:02)

2018年05月03日

過去記事のリンク
勉強法その11  勉強法その12  勉強法その13

いきなり問題です。考えてみてください。

問題1
問題1


問題2
問題2

今日のお話は「解き方の糸口の見つけ方」。前にも似たようなことを書きましたが,再度。

数学の応用問題は,入り口がたくさんあって出口が一つだけの迷路のようなものだと感じています。

① 入り口A・・・入ってみたけど,出口までたどりつけなかった。
② 入り口B・・・出口にたどりつけたが,道のりが大変だった。
③ 入り口C・・・出口まで比較的楽にたどりつけた。
④ そもそもどこが入り口なのか,わけがわからない。


問題を読んだ瞬間に上記の③を選べる人はなかなかいない。
私にはそこまでの自信がありませんので,ときどき,こういう問題を頭の中で解くという訓練をしています。

普通は④とか①の状態になります。そうなったときにどうするか?

意味ありげなところを攻める
・連想ゲーム
・分割する


問題1の場合
意味ありげなところは60度。しかも2つある。
60度といえば,私ならとりあえずアレを思い出します。連想ゲーム)
この「入り口」でダメなら,他の方法を考えよう。
とりあえず,頭の中で補助線を引いて,アレをつくってみよう。
この辺とあの辺が〇〇になった。
あとは計算ミスをしなければOK。
暗算終了。

問題2の場合
三角形ECFの面積を出せたら終わりだな。(当たり前です)
何とかECFの面積を出してみよう。

多角形は必ず三角形に分割できるので,三角形にわけてみよう。(分割する)
この「入り口」がダメなら,他の手でいこう。
わけるためには,あの点とこの点を結ぼう。
点Eと点Fの位置がわかったぞ。
あとは計算ミスをしなければOK。
暗算終了。


ここで言いたいのは,問題を解いていく中で,「入り口の見つけ方」を身につけてほしいということです。

自分で見つけた「入り口」がもしも答えというゴールにたどりつけなかったとしても,それは失敗ではない。
なげく必要なんて全然ない。
このやり方では解けない,解きにくいということがわかっただけ成功です。
そしたら,別の「入り口」を探してみましょう。
そういうことを繰り返すことによってのみ,実力がついていくと思います。

そして,問題を解き終わったら,まとめてみる,総括してみるといいですね。
なぜ自分はこの「入り口」が見つかったのか(見つからなかったのか)?
もしかしたら,こういう問題の時にはこの手を使うとうまくいくことが多いのでは?
とか考えると,初めて見たけど解けちゃった,という問題が増えていくと思います。

上の2つの問題の答えが出た人,答えが気になる人は大田まで。
ところでこの問題,都会では難関私立中学を受験する子が解いているらしいです。(つづく・・・)

                                                         ⇒To be continued

                                                                    



(11:07)

2018年05月02日

過去記事のリンク
勉強法その10  勉強法その11  勉強法その12


歴史を学ぶ本質から考えるとある意味,邪道である「語呂合わせ」。
記憶するという点からは王道中の王道である「語呂合わせ」。

一見,無意味な数字をたくさん覚えたり,関連性がわかっていなかったりするものを大量に覚えるのは非常に手がかかること。そして苦痛なこと。

その苦痛をやわらげ,また,まとめて覚えてしまうことで逆に関連性について考えるためにあるのが語呂合わせ。

できることならば自分でつくるのがいいですね。そうすれば,より覚えやすくなりますから。

つくるのが難しければ,ネットで検索する手もありますし,私に聞いてくれてもいいです。


自作の語呂合わせをいくつか挙げます。

いっぱいくうよ(1894) 日清焼きそば 
⇒1894年に日清戦争が起こり,その10年後の1904年日露戦争,その10年後の1914年に第一次世界大戦が起こっています。1つ覚えれば他の年号も覚えられる。一粒で二度おいしい。でもそれは日清ではなくてグリコでしたね。


寛政の改革は「かきくけこ」と「しゃしゅしょ」
か⇒ 政 の改革
き⇒ きん の対策
く⇒ を各地につくらせた(ききん対策)
け⇒ 約令
こ⇒ を蓄えさせた(農村につくらせた倉にききん対策として)
しゃ⇒ 金帳消し(旗本・御家人の借金)=棄捐令
しゅ⇒ 子学を幕府公認の学問とした
しょ⇒ 平坂学問所を設立した(湯島聖堂の学問所⇒昌平坂学問所)

とか,いろいろと覚えるための工夫をするのも面白いかもしれませんね。


足利義満に関することの覚え方(ただし静岡県民しか通用しません)
勘合よ~し,南北朝よ~し,金閣よ~し, 「よし」が3つで・・・

恥ずかしいので,このへんでやめておきますね。(つづく・・・)

                                                         ⇒To be continued



(10:54)

2018年05月01日

過去記事のリンク
勉強法その9  勉強法その10  勉強法その11

校入試まであと309日。 
一日1時間の勉強だと,309時間。1科目あたり約62時間
一日2時間なら618時間。1科目当たり約124時間・・・

ところで,
「塗り絵勉強法」と検索すると10万件以上ヒットします。マス目を塗ることで勉強のモチベーションを高め,1年間で3000時間」勉強し,京都大学に合格した人の勉強法です。勉強を始めるための工夫,継続するための工夫です。


① 15分を1マスと考えて塗る
② 家庭での勉強以外に,学校の授業,塾の授業の時間を入れてもよい
③ 科目ごとに色を変えて塗る


③を行うと,色の違いから,バランスよく勉強しているかがひと目でわかります。


たとえば,こんな感じで塗り絵をしていくと,けっこう楽しいですよ。
(この表は私の健康のためのトレーニングのもの。自分自身をモチベーションが続くかどうかの実験材料に使っています。本来,色のバランスが取れるのがよいのですが,私の場合は有酸素運動を中心にして軽い筋トレを
補助として行っているので,こんな色になっています。)
CD7AA834-0577-4967-96F5-466D489C0C72

さて,
生徒の皆さんは,今,どこの高校に入学したいと考えているでしょうか?
その高校って京都大学よりも入学するのが難しいですか?
学校の授業(ただし,集中して取り組む)に塾の授業,そして家庭学習(無理なら塾に来よう)を合わせたら,1日で何時間勉強できますか?
中3生は受験まであと約300日ありますが,(1日に勉強する時間)×(300日)と考えたら,3000時間に近づきませんか?


もちろん,量をやれば必ず成績が伸びるわけではなく,何をやるか,どうやるかという質の問題も重要です。
1+1=2 とか3000時間勉強しても意味がないでしょうし,ノートの写しを3000時間やったところで入試にパスするわけではありません。

どこの国の学者だったか忘れましたが,その人がいろいろと調査したところ,「ある分野で一流になるには,才能だけではダメで,最低でも1万時間の練習が必要である」という結果が出たそうです。

やはり成績を上げるためには,一定量の勉強時間が必要不可欠なようですね。

塗り絵勉強法と検索すると10万件以上ヒットする。それだけこの手法が注目され,ある程度の効果が期待できるということだと思います。(つづく・・・)

                                                         ⇒To be continued



(11:10)

2018年04月30日

xlsx3


南部中は5月17日が中間テストです。
4月は修学旅行の前日も対策授業がありました。

GW中は各教科でテスト対策用の宿題が出ています。
修学旅行で楽しんだあとは,気持ちを切り替えていきましょう。



(12:00)
過去記事のリンク
勉強法その8  勉強法その9  勉強法その10


最近,私が読んでいる本。

これとか,
db85a95a

これとか,
a6537648

これ。
a9d4986f


寝る前,30分だけ読むようにしています。部屋の明かりを「30分後の切りタイマー」にしています。

部屋が真っ暗になったら,そこで終了。さっさと寝ろ,と自分に言い聞かせています。

朝起きてすぐに,昨日の寝る前に読んだ内容を思い出せる分だけ思い出します。

思い出せないところは,昨夜に読んだところを軽~く眺める。


今日の勉強法のアドバイス
「どうしても覚えたい!」という内容は,寝る直前に覚える。翌朝,どの程度覚えているか確認。覚えていないものは,軽くでいいのでもう一度見直しましょう。そうすると,普通に覚えるよりも効率よく覚えられますよ。


ちなみに一冊目の「本当に泣ける漢字の本」。涙が足りないせいでしょうか,あまり泣けませんでした。しかし,漢字の成り立ちが興味深く覚えられます。

たとえば「歳」という字。この字は「歩」と「戉(刃物の意味)」からできている。種をまき,芽が出て,実が実り,刃物でその穂を刈りとるまでの時間の流れを表したのが「歳」。

生徒にとっても私にとっても,「現在やっていること=種まきが,いつか芽になり,実が実り,穂を刈る収穫のときにつながる,そういう歳であってほしい」と,「歳」の字の解説を読んで,しみじみと思いました。(つづく・・・)

                                                         ⇒To be continued




(11:11)

2018年04月29日

pdf2
来週 4月30日(月)~5月5日(土)は
桐光学院の全ての授業が休講となります。

学校に登校する5月1日、5月2日も塾は休講です。
ご注意ください。


(10:00)