桐光学院 竜洋校ブログ

桐光学院竜洋校のお知らせや校舎の様子を更新中!

桐光学院HP
http://www.tokogakuin.com/

こういう時にわかる

毎週のように土曜日は中3・中2の指導がありましたが,
今日は中3土曜特勉も,稲垣先生の特別個別授業もありません。

中3は県学調,中1・中2は夏友のテストがひかえていますが,
今日も明日も,いつものように桐光に来てやれる日ではありません。
折にふれて言っていますが,
こういう日こそ,本当のやる気があるかどうか測れます。
午前中,朝9時以降まで寝ていなかったか?
昼ごはんを食べた後,最初にしたのは勉強だったか?
桐光の授業が無くても,同等の勉強量を確保できるか?

(今日は休んでいいんだ)
と,簡単に緊張感を失うようでは,
普段見せていたモチベーションも幻だったのかもしれません。

やらない理由を探さない。
休む理由を見つけない。
なまける自分を許さない。

学調前に今やるべきこと,今出来ることに全力であれ!
運や神など見えざる力でさえ,
やるべきことに誠実だった者に向くことでしょう。

DSCF1207

13日の木曜日

この間漢検を受けた子たちの合否結果がわかる日が判明しました。
ブログタイトルにもなっていますが,再来週9月13日の(木曜)です。

得点が良かろうと悪かろうと,合否どちらであろうと,現在登録していただいている親御さんのメールアドレスに結果を送信いたします。漢検協会の発表は午前10時頃らしいのですが,私たち教師の出社はそんなに早くないので,例年ですと,正午~2時の間に送信しています。

楽しみにお待ちください


※画像はDAY合宿の時のもの
DSCF1222
DSCF1250
DSCF1223

説明(大田)

ある記事で読んだことがありますが,メジャーリーガーのイチロー選手は,ヒットを打てたとき,打てなかったときのそれぞれの理由を説明できるそうです。
体操金メダリストの内村航平選手は,競技を行っているときに,自分の体のどこの筋肉が使われているか意識できているそうです。

超一流の選手とはかくもすごいものなのかと驚愕しました。

これを勉強に喩えるとどうなるか。
たとえば
「ア~エの中で最も適切なものを選びなさい」
「答え ア」
「正解」
「よかったね」
で終わっていてはいけない。
「イ」はこの部分がいけない,「ウ」はこういう理由でダメ,「エ」は〇〇が違うなど,理由が説明できないといけない。「イ」がダメな理由がわからなかったら質問をする。

数学の問題などでも,なぜ自分はこの問題が解けたのか?
ここに補助線を引けたから。
なぜここに補助線を引こうと思ったのか?
・・・・・と自分に問いかける。こういう説明ができたらすごい。初見の問題を解くときにこの経験が生きてきます。

たくさんの問題を解いていくことも重要ですが,こういう一問一問を大切に解いていくことも成績向上には必要だと感じます。

ワクワク♪

先日のブログでも書きましたが,
中3の講習や授業で,ここのところ私の英語思考を伝授してきています。
それは主に,長文など読解力を必要とする問題に対するミスを減らすアプローチと,答え探しのスピードアップを図る練習の繰り返しです。❝竜洋中3全員が絶対大丈夫!❞と言いたいところですが,さすがに英語はそこまで甘くありません。
それでも,何人か,いや半数以上は,私の伝えようとしているコツを吸収してきています。来週月曜は学調の前日ですが,そこでもう一度ダメ押しの教えを注入し,本番に期待が持てるようにします。
少し英語が得意な子には,英作文の難問を与えてみようかな?
とも思っています。
学調はそこまで難しい英作文は出題されませんが,
念のため難問にも対処出来て欲しいので。

OLMP0008
OLMP0003
OLMP0004

休講 お知らせ

来週の木曜日から土曜日までの3日間,
小学生・中学生全ての授業が休講となります。
休講:9/6(木曜)~9/8(土曜)

先日竜洋校の小学生が,私に休講の理由を尋ねてきました。
私「理由?知りたいの?」
★「はい,知りたいです!」
その時はちゃんと話して聞かせてあげましたが,
ブログでも主な理由を挙げておこうと思います。

➀職員研修
一日は先生たちの勉強会をします。
私なんかは毎週コメダ珈琲(浜松の原島店or領家店)で自主勉していますが,
たまには教師一同で勉強です。

➁静岡県学力調査の分析
中3は静岡県で実施される大事なテストがあります。
その傾向分析などを行います。

➂中3秋期講習の準備
早い校舎で15日から秋期講習が始まります。
その準備を万端整えます。

白圭尚可磨(大田)

中国の古典の『詩経』に次の語句があります。
 如切、如磋、如琢、如磨(切るがごとく、磋(みが)くがごとく、琢()つがごとく、磨()ぐがごとし)」[切磋琢磨]の語源。


・・・骨を加工する作業
磋・・・象牙を加工する作業
琢・・・玉(ぎょく)を加工する作業
磨・・石を加工する作業
これらは手間ひまがかかる作業です。緻密さも要求されます。
そこから、学問や技芸の習得を熱心に行うこと、仲間同士で競い合い高め合うこと、という意味で使われるようになりました。


同じ『詩経』に「白圭()尚可磨(はくけい、なお、みがくべし)」という言葉があります。

白圭とは白く清らかな玉(ぎょく)のことで、祭りに使われたり、天子より褒美として授けられたりするもので、きわめて貴重なものです。その高貴な白圭ですら、磨く余地があり、磨けばさらに清らかなものとなる。


「なにかいい言葉を書いてくれ」と生徒に言われた時には、「白圭尚可磨」と書いています。もちろん、意味を説明したうえで。私にとって生徒は全員「白圭」です。

切磋琢磨 (稲垣)

日曜日は桐光の中三生全員が集まって、開誠館高校さんで一日合宿でした。


自分と同じ位置にいる学力の子ってどんな子だろう。

どんな目標を持って、どんな勉強をしているんだろう。



そんな漠然とした受験生の疑問を吹き飛ばす、大々的な交流の機会です。


D-1


張り出されたテストランキングに一喜一憂し、


D-2


普段、学校でも塾でも会わない大勢の子と机を並べ、見たことのない教師の特別授業を聞く。


D-3


お昼は校舎別に分かれて、見知った仲間と午前中の情報交換。


D-4


数学科の教師陣は特進クラスの出来栄えが気になるようで、手が空けば集合してしまいます。


D-5


教室内の緊張感や真剣さが伝わってきますか?


D-6


夏の間、自分がどれくらい成長したのか。

まだまだ伸びる(伸ばさなければいけない)ところはどこなのか。



私達の言葉だけでは伝わらないものを自ら感じ取ってもらえる。

そんな刺激的な一日になったのではないかと思います。


爽やかな青空の日に相応しい「切磋琢磨」という言葉がピッタリくる

学調前の決定的な起爆剤になったことを願ってやみません。


D-7

※ 保護者の皆様には、朝早い食事やお弁当の準備から送迎まで
大変多くの点でご協力いただき、本当にありがとうございました。

ぜひお子さん達から一日の様子をお聞きになっていただき
私達へのご要望や今後の進路相談など、ご連絡いただければ幸いです。

アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 一緒に懸命 (稲垣)
    • 一緒に懸命 (稲垣)
    • 一緒に懸命 (稲垣)
    • 一緒に懸命 (稲垣)
    • 秋期講習 橋本
    • 記憶は思い出せてなんぼ
    livedoor 天気