2019年02月18日

自分に必要な言葉が必ずある

昨日、中3の入試講習で、
またちょっと厳しく指導してしまったことがありました。
私の一貫した指導方針は、
本番でミスをしないための備え
一見難しい問題でも突破口を開くコツ
答え探しを速く正確に行うためのコツ
だいたいこれら三点です。

いまだにその意識が欠けている子がいたので、
全員に注意してもらうべく指導しました。
私がこうやって言葉をかけてあげられる機会がもうほとんどありません。
授業できる日数は片手で数えられるほど残り少ないのです。

受験生がどんなに私の言葉で凹んでも、
本番で点数を取れればみんなの勝ちです。
私の指導も勝ちです。
桐光学院の勝ちです。

桐光生たちの勝利のために、
全身全霊で向き合っています。

IMG-PHOTO-ART--14816305


tokoryuyo at 14:46|PermalinkComments(0)

2019年02月15日

模擬の試験

中1と中2は再来週の桐光模試があります。
《日程》
中1…2月25日(月曜) 授業内
中2…2月26日(火曜) 授業内


今回初めて桐光模試を受けるという子が結構います。
磐田と浜松とでテスト範囲が違いますから、
しっかり確認をして十分に備えていきましょう。

a8deda8d[1]
16e5d6ee[1]




tokoryuyo at 12:50|PermalinkComments(0)

直指人心

少し前のブログで、大田先生が熱田神宮へお参りに行ったのを書いていましたね。偶然かもしれません。じつは私もほぼ同時期だと思いますが、伊豆国の一宮である三嶋大社にお参りしてきたのです。もともと別の用事で三島市を訪れたのですが、その目的は果たせぬまま大社参りすることになったのです。そこで妹の厄を払い、受験生たちの合格も念のため祈願してきました。
「塾生の合格よりも妹の厄払いが主目的?」
「ついでの参拝で合格祈願?」
と、合格祈願を最優先していないのではないかという心配か、あるいは「ついでの参拝とはいかに?」と私を問い正したい気持ちになった親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、そこは誤解というものです。
というのも、そもそも竜洋校の中3の中に、今さら神様に全力で合格を祈願しないとまずい生徒がいないからです。確かに磐田西高校の志願者はいまだ多く、全員が100%合格できる安心はどこにもありません。
それでも単に楽観視しているわけではありません。
信じているものが違うだけです。

神よりも桐光生を。
そういうことです。

15500688984913~2
15500688985325

私は三島という町が好きです。
町の至るとこに富士山の伏流水が流れています。
うなぎも美味しいです。
隣町の浜松は日本でも随一のうなぎ料理の美味しいところですが、三島も同じぐらいのクオリティを期待できるところです。三島市民曰く「浜松より三島のうなぎが旨い!」とのこと。まぁ私から言わせてもらえば「どっちのも美味しい。うなぎはうなぎ」です。

さて、
今日は私立高校の合格発表ですね。

15500299080530



tokoryuyo at 10:00|PermalinkComments(0)

2019年02月14日

Go Fight!

今日は学年末テストですね。
中2の学年末テストだけ月曜に延期になったことを受けて、急遽【朝学】を中止の連絡をしてありましたが、メール連絡のみになってしまったご家庭もございましたので、念のため朝から竜洋校に詰めていました。
でも誰も来なかったので一安心。

しかしあれですね。
誰も来なくて安心というのも複雑です。
毎日塾生たちとはいろんなやりとりがあります。
叱咤激励が飛び交っていてこその塾ですね。
私しかいない校舎はただの重量鉄骨の建物。

次に中1・中3の彼らと会う時は、
すでに学年末テストの結果が出ているでしょうか。
今は楽しみしかありません!
来週の月曜と火曜
次のみんなの笑顔との再会を予約しておきます。


15501081121320


tokoryuyo at 08:30|PermalinkComments(0)

2019年02月13日

信長塀(大田)

土曜の朝,早く起きてしまって寝られないので,始発の電車に乗って名古屋まで行ってきました。
熱田神宮へ。

永禄3年(1560年)に起きた織田信長と今川義元との戦い。
戦いの前に,信長は熱田神宮に寄り,必勝を祈願したとのこと。
そして,信長は自分の人生をかけて桶狭間に向かう。
結果は皆さん知ってのとおり,信長の大勝利。
この勝利によって信長は天下統一の第一歩を踏み出すことになる。

この勝利に感謝して,熱田神宮に寄進したのが信長塀。(下の写真)
67aec651

これから自分の人生を切り開いていく受験生にとってはぴったりの場所だと思い,お祈りに行ってきました。

午後には帰宅し,本部校と竜洋校で受験生の質問対応。



tokoryuyo at 11:00|PermalinkComments(0)

2019年02月12日

「convalescence」 (稲垣)

題名の単語が読めた(わかった)方はすごいですね。

英検一級レベルの単語帳に載っていました。

意味は「病み上がり」です。

中学で習う単語で表現するなら「got better」でしょうか。


インフルエンザで学級閉鎖もあった竜洋中の2年生ですが、昨日の「祝日勉強会」にはほとんどの生徒が出席でき、教室はほぼ満員でした。(もちろん全員マスク着用)

休校だったとは言え本人が体調不良ではなかなか勉強も進んでおらず、課題に四苦八苦するする姿も。

テスト範囲が縮まるということもなく、元気な子も病み上がりの子も同じように学年末テストに臨むことになります。


あと二日じゃどうにもならない。病気だったんだから仕方がない」と考えるか

まだ二日ある。幸運にもテスト前に治ったんだから全力を尽くそう」と考えるか

そのメンタリティが、ちょうど一年後の入試に向かう大きな一歩になるように思います。


私達もテスト当日の朝学まで全力でサポートしていきます。

(しっかり休息をとりつつ)最後の最後まで頑張ろう!

体温計



tokoryuyo at 10:00|PermalinkComments(0)稲垣 

2019年02月11日

ラスト3 パート2

私立高校の合格発表まで残り3日となりました。
単願の子はもちろんのこと、
併願の子も、合格すると結構嬉しいものです。
でも、公立高校を第一希望にしている子が、
3月に公立高校に合格した時は、
その喜びたるや、
金曜日に感じる喜びの、そうですねぇ…
20倍ぐらいは嬉しいはずです。
特に今年度は磐田西高校の倍率が高いですね。
竜洋校からも多数受験します。

私は昨年度も《竜洋校》と《本部校》の受験生を担当していました。そしてどちらも全員合格でした。桐光の教師はほとんどの教師が二つの校舎で指導を担当しています。その両方の校舎の中3が全員合格するというのはなかなか出来ない経験なのです。しかも私は今年それを2年連続で達成することを狙っています。それこそが私の、そして桐光学院の願いだからです。つまり桐光に入り、受験という節目で、全ての塾生が望みの学校に進学することです。

今年は私はきっと磐田の高校の合格発表に行くことになるような気がします。その時の歓喜を心の内に温め、不断の熱血指導でまずはみんなの学力を上げていきます!



tokoryuyo at 14:40|PermalinkComments(0)