人は未来の自分を他人とみなしがち。
しかも未来の自分を過大評価する。

本当は今やるべき自分の問題なのに、先延ばしにして、まるで他人に渡すように未来の自分にやるべきことを押しつける。
未来の自分を他人とみなすと、未来の自分のことを、今 先延ばしにした問題をバリバリと片付けられるようなスーパースターか完璧超人のように考えがちになる。


未来の自分はそんなにすごいのか?
すごくないですね,今 何もしなければ。


ずっと以前に読んだこの本の,第7章のタイトルは「将来を売りとばす」というショッキングなタイトル。
F66B16EB-E439-4CFA-B2F6-D14C483122C9

この本に書かれている数々の実験の詳細な結果を一つ一つ書くわけにはいきませんが,

「将来の自分を想像する」⇒「現在の意志力が強くなる」

というのは,確かなようです。

時間,努力,お金・・・
他人のために使うのはもったいないと感じることが多いと思います。
しかし,将来の自分のためならば話は別。
また,時間やお金を無駄遣いしたり,勉強や健康に対する努力を怠ったりすることで困るのは他の誰でもない,将来の自分自身です。

これを読んだ人は,さっさと勉強に取りかかりましょう。