視線の先に ~another~ (稲垣)重みと手触り (稲垣)

2018年07月13日

自分で選んで歩き出した道ですもの(大田)

文学座の『女の一生』という戯曲の中の有名なセリフ。

「だれが選んでくれたのでもない,自分で選んで歩き出した道ですもの。間違いと知ったら自分で間違いでないようにしなくちゃ」
0E434ACA-034E-49B0-B7EB-E4421F442256

部活が続く子,終わった子,これからが本番の子,クラブで頑張る子,道はいろいろです。
もしかしたら,今の状況は偶然やアクシデントが重なった結果かもしれない。自分で選んだものでないのかもしれない。しかし,「今の状況は自分が選んだものじゃな~い」とさけんでも何の意味もない。何も変わらない。

自分が選んだ道だと考えて,自分の力で歩いて変えていく。受験までまだまだ道は続くので,今からいくらでも変えられる。

少なくとも私はこの言葉に何度も救われた,気がします。



tokoryuyo at 13:40│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

視線の先に ~another~ (稲垣)重みと手触り (稲垣)