葉月・個別授業の夕べ (稲垣)脱精神論・根性論(大田)

2018年08月08日

知らないことだらけ

この間,私の授業指導の短期・中期的展望や,
教師としての信念や今生徒に期待していること,
また今どういう言葉をかけている時期かとか,
親御さんにこと細かにお伝えする機会がありました。

その時思っていたことをほぼ全てお伝えしました。
とても良い気持ちになりました。
親御さんにおかれましては,貴重なお時間をありがとうございました。

塾,特に桐光では,講習や通常以外にも,多くの自主勉サポートをしていますが,その勉強の積み重ねの先に本当に成果があるのか?
(ここでいう成果とは,ちゃんと学力向上につながる勉強をしているのだろうかということ)

また先生たちは生徒の成果につながるようにどう考えて指導してくれているのだろうか?
うちの子大丈夫かな?(志望校合格に近づいているかな?」
お子さんを預けてくれている親御さんの中には,
そういうあらゆるご不安を常に心に内包しながら支えて支えていただいていることをあらためて自覚しました。

桐光でお子さんがどんな様子で授業に参加しているか,親御さんは知る機会がありませんので,至極当然のことと思います。
また塾生たちも,先生がどんな気持ちで今やるべきことを指示しているか,その指示がどれほど重要かということについても,たとえ先生がそういう話をしてくれていたとしても100%理解しているわけではありません。

でも全てを理解していなくても,信頼していければ大丈夫。
それは生徒が先生を,先生が生徒を,親御さんが先生を,親御さんがお子さんを,お子さんが親御さんを,いろいろな信じる気持ちで日々が支えられています。

これから特に受験生とその親御さんには,受験という大きなプレッシャーとの戦いになります。これからも折に触れて面談の希望をとることもありますが,その時はぜひお話ししましょう。お子さんや塾で行われていることの確認だけでも構いません。もっともっとお話ししたいです。たくさんコミュニケーションをとりながらやっていきましょう!



tokoryuyo at 15:50│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

葉月・個別授業の夕べ (稲垣)脱精神論・根性論(大田)