休講のお知らせ中3の勉強会(大田)

2018年08月10日

社会の個別授業(大田)

最近の私の社会の個別授業では,「こうやったらどう?」という社会の勉強法の提案をしています。
昨日も中2の生徒を相手に,歴史の内容の勉強とともに「勉強法の勉強」をしました。

① 重要事項を読む(インプット)
② 重要事項を見ずに紙にまとめる(アウトプット)
③ 紙にまとめたものを眺める(インプット)
④ 問題1を解く(アウトプット)
⑤ 問題1の答え合わせ&まとめた紙への記入(インプット)
⑥ 問題2を解く(アウトプット)
⑦ 問題2の答え合わせ&まとめた紙への記入(インプット)
⑧ 問題3を解く(アウトプット)
⑨ 問題3の答え合わせ&まとめた紙への記入(インプット)

→次の単元へ

昨日の個別
①について
私が読みました。一度に読む分量が多くならないようにしました。地図とか資料とかが必要なものは全員に見せて視覚的に覚えてもらいました。

②について
「〇〇〇ってなんだっけ?」「どうして〇〇〇になったんだっけ?」「〇〇について書いてみよう」
と質問をしながらレイアウトとかは自分の好みでまとめてもらいました。

④⑥⑧について
テキストのどの問題を解くのかということについては私が指示しました。

⑤⑦⑨について
答えが書けなかった場合は
「結局,〇〇〇と結びつく言葉ってなに?問題の中にあるよね。」
答えを間違えた場合は
「何と何を取り違えたの?」
など,覚えた内容が整理しやすいように声をかけました。

「気合や根性」も大切ですが,時間というものは有限ですから,できることならば効果的に覚えていくことが必要だと思います。
また,問題1→問題2→問題3と,同じ事項にたいして,いろいろな聞かれ方をすることによって,その事項や語句が立体的に頭の中に入ってくると思います。



tokoryuyo at 13:57│Comments(0)勉強法 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

休講のお知らせ中3の勉強会(大田)