損壊と復旧 (稲垣)まかしょお!

2018年11月07日

そうやって差がつく

私は数週間前,竜洋校中3の子たちに,模試や期末テストで英語の問題に臨む際,最初の数分の時間の使い方についてアドバイスをしました。英語は,問題の最初にリスニング(放送)問題がありますが,授業開始と同時に始まるわけでもありません。数分経ってから始まるものです。
リスニングが始まるまでの間は,みんな各々その数分をどう使うかは自由ですが,私には持論がありまして,それをかつて彼らに伝えたことがありました。その時最後にこう言ったのを覚えています。「先生が今伝えたことは『絶対やれ』という指示ではない。ただ,今までそういう発想で英語のテストに臨んでいなかった子が『それいいかも』と今思ったのなら、次の模試で試してみなさい。これから受ける模試はすべて入試の練習だ。だから,試してうまくいかなかったら仕方がない。でもうまくいったことがあれば,今後それを取り入れて生かしていけばいい」と。

土曜日に中3は標準模試を受けました。
私は竜洋校中3の模試監督をすることになっていたので,その様子を見ることにしました。
すると…一番先に私の目に留まった,その時一番前に座っていていた子が,私が伝えたアドバイス通りに行動して❝数分後❞に備えていました。
ぜひ結果に結び付いていますように!

嬉しいですね。
アドバイスを生かそうという姿勢を見られるなんて。
もちろん,その様子が見られたのは彼だけではありません。
2列目にも3列目にもいました。

IMG-PHOTO-ART--671392843~2



tokoryuyo at 11:00│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

損壊と復旧 (稲垣)まかしょお!