会えた子に捧げるそうやって差がつく

2018年11月06日

損壊と復旧 (稲垣)

先日の台風で損壊していた竜洋校の第二教室が完全復旧しました。

打ち付けられていた板の代わりに窓ガラスがはまり、出窓と周辺の壁紙が張り替えられ、ブラインドも取り付けられました。


P1000140

P1000144


窓がなければ明るい日が入ってきません

傷だらけの壁では雰囲気が悪く、意欲がそがれてしまいます。

ブラインドがなければ常時外から丸見えになってしまいます。


どれも当たり前だけど、どれも大切。

異常事態を放置することはできません。


勉強でも時に「新しい単元」という台風がやってきて、気持ちや知識を荒らすことがあります。

でも、「そのままでいいか」は大問題。

新しい情報が遮断され意欲が低下しオンとオフが切り替えられなくなってしまいます。


問題点は何か、何が原因なのか、どうしたら修復できるのか。

子供達の内面を洞察し、一緒に適切な対処を講じていきます。



tokoryuyo at 16:00│Comments(0)稲垣 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

会えた子に捧げるそうやって差がつく