経験から学んだ感覚,というものも重要だとは思いますが,統計データなどの科学的根拠に基づいて判断をすることも同じくらい重要だと思っています。


読書と学力との関係
学力が高い子は読書をしている(相関関係)
読書をしているから,その子の学力が高い(因果関係)

こちら→https://www.recruit-ms.co.jp/issue/interview/0000000387/
の記事だと,相関関係も因果関係もある,という統計結果が出ています。
ただ単に本や読書用の教材などを学校に増やしただけでは,子どもの学力向上には結びつかず,そうした本や教材を子どもが1人でもうまく活用できるよう手助けしてくれる大人や先生が必要であることを示唆しています。」(引用)
なるほど,勉強になります。


読書と国語以外の科目との関係
調査結果。関係が強い順。
算数>>>社会>国語≒理科

こちら→https://benesse.jp/kyouiku/201812/20181220-1.html
の記事は,因果関係ではなく,相関関係っぽいですけれど...


いずれにせよ,読書が学力に及ぼす影響は小さくないようです。