桐光学院 竜洋校ブログ

桐光学院竜洋校のお知らせや校舎の様子を毎日更新中!

2014年10月

先日、中間テストの得点データから、竜洋校の生徒たちがどれだけ取れたか、概要をアップしました。得点データの分析と並行して、出題された問題の分析も進めています。

いち早く、理科の問題分析が掲示されました。

出典1
出典2
出典3

理科は、類型的な問題が多くなりがちなので、似た問題が多く見られる教科だそうですが、それでも、出易い問題がわかると心強いものですね。

期末に向けて、こうした分析結果もどんどん紹介していきます。

トコ☆スタのハロウィンイベントが進行中です。

小6は、ハロウィンのイメージでリースを作ります。
sanakotone


小4・小5は、ハロウィンカードを思い思いに描きます。

koudainanaha
勉強より集中しているかな!?

10月中間テスト結果概要(竜洋校) 10月7日判明分

中3 全員合計点アップ!
 5科合計 +42点 +41点 +37点 +34点 +30点 +28点(1学期 期末比)
 など大幅アップ者多数。

中2 クラス平均大幅アップ!
 5科合計 +30点 +26点 +25点(1学期 期末比)
 など、クラス全体で底上げ達成しました。

中1 クラス平均大幅アップ!
 5科合計平均186.1点 学校平均より+34.9点

さらにくわしいデータが出ましたら、ブログ・メール・通信などでお知らせしていきます。

智久 「今回のテスト、どうだった?」(恐る恐る…)
生徒 「点数上がったよ!」
(ほっ…)
智久 「…で、何点だった?」
生徒 「46点。がんばったでしょ。」
智久 「よくやったね。どこ間違えたの」
生徒 「あっているんだけどね。漢字を間違えた」
(いや、それは「あっている」とは言わないぞ)

テスト後の授業で、塾生に会うと、上のような会話が繰り返されます。

「漢字を間違えた」「プラスとマイナスの符号を逆にしただけ」「つづりが一字だけ違っていた」「単位をつけわすれただけ」「記述の文末がちょっと違っていた」

子供たちからこんな言葉が聞かれるのも、テスト直後。たいていの場合、上の言葉の前に、「あっていたんだけど」「わかっていたんだけど」「本当はとれていたんだけど」という前置きがつきます。

でも、「本当」なのは、×(バツ)をつけられた答案。子供たちは、「…だけ」「ちょっと」のミスだと思っているけれど、それでは、この先も「ちょっと・だけ」のミスを繰り返してしまいます。

あと、2週間すれば期末テスト対策に突入します。「ちょっと・だけ」でもミスはミスであることをみんな肝に銘じて、次のテストに臨めるようにがんばらせていきます。

そのために、昨日のブログに掲載した中1・中2実力確認テストを行います。中3は、週末の講習で秋期確認テストを実施。テスト範囲が明示されているテストですから、みんな満点をめざしてがんばりましょう。

10月25日(土)
第2回中3秋期確認テスト
 秋期講習(午後1:00~3:40)内で実施します。


1・中2実力確認テスト

113日(月・祝)

1 午後340600 中2 午後7401000

実力確認テスト範囲(桐光テキストページ)

学年

英語

数学

理科

社会

地理

歴史

中1

p.8295

p.160

p.5261

p.5673

p.5459

中2

p.135146

p.157

p.9299

p.4667

p.4253


※上の表のページ数は、桐光のテキストページ数です。

※授業の進行状況により、範囲が変更になる場合があります。

 




中間テストが終わり、すぐに期末テストに向けてスタートします。まず、中1・中2は実力確認テストを実施。期末テストで範囲になる単元をテストして、ひと足早くテスト勉強のきっかけをつくていきます。
勉強にフライングはありません。自己ベストを目指してがんばりましょう。

このページのトップヘ