桐光学院 竜洋校ブログ

桐光学院竜洋校のお知らせや校舎の様子を毎日更新中!

2015年09月

明日の朝学習では、桐光生の最終アイテム、「ズバ朝」が配布されます。
Microsoft Word - 磐田 中32
























必要事項を絞り込んだコンパクトな冊子。一問一答形式でポイントをチェックできるので、テスト前の5分~10分を有効活用するのに最適な教材です。

実際に、「ズバ朝」のおかげて2,3点拾えた! という声は、毎回のテストで聞かれます。うまくすると5点~10点アップも夢ではありません。

竜洋校の生徒は、学校の教室で、必ず「ズバ朝」をテスト前に開きましょう

今日は、竜洋中の中間テスト前日。

中3限定ですが、午後7:00~9:00で、テスト前日の最終調整を行います。
中3が得意な数学を最後に点検して、本番での得点プラスを図ります。

ただ…

「最終」といっても、本当の最後は、明日、テスト当日の「朝学習」ですね。

中3は、理科で「慣性の法則」を習います。

物体が存在しているとき、静止しているのならば静止したまま、動いているのならば動いたままでいようとする力が慣性の法則。

らしいのですが、どうもよくわかりません。

slowing03_01




たとえば、止まっている電車に乗って立っていたとします。その電車が急発進した場合、乗っていた人が、うしろに引っ張られるようになるはずです。逆に、進行している電車の中で立っている人は、急ブレーキをかけられると、前に引っ張られるようになります。

実際は、前者は、静止している人がその場にとどまろうとした結果だし、後者は、電車とともに進んでいる人が、そのまま進み続けようとしたに過ぎません。いずれも「引っ張る力」は存在しないのです。

……なぜ、突然理科の話をし始めたのかというと、竜洋校の子が、「慣性の法則」が理解できないといって、「身をもって体験した」と話していたからです。

その子が実験したのは、上の例でいうと、後者の方。自転車で全力疾走して、急ブレーキをかけてみたそうです。

怪我はなかったようですが、「空中で前転するかと思った」らしい。ともかく、その子は「慣性の法則」はもう忘れないでしょう。

物事を覚えるには、まずそのものに対する興味がないとつらい。興味が少しでもわいたら、自分の頭や身体を使って身につける。それが大事だと思わされるエピソードでした。

Mさん、もうあまり無茶はしないでね。

10月1日(木)の中間テスト当日には、恒例の朝学習を実施します。
Microsoft Word - ブログよう2














当日にチェックしたあの項目、この用語が、当日のテストに出る確率は高いです。

人間の脳が活動し出すのは、起床してから2~3時間後と言われています。その意味でも、「朝学」でしっかり準備をしていけば、テスト開始と同時に、フルに力を出せるわけですね。
IMG_9888t










1学期期末テストの朝学の様子。

このときを上回る緊張感を保って、「朝学」を実施していきます。

今週の木曜日、10/1が中間テストの実施日。それまでの中1授業日程は以下のとおりです。

9/28(月) 午後7:40~9:55 通常授業
9/28(火) 午後8:50~9:55 数学対策授業
10/1(木) 午前6:30~7:30 朝学習


保護者の皆様には、送迎等お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

このページのトップヘ