桐光学院 竜洋校ブログ

桐光学院竜洋校のお知らせや校舎の様子を更新中!

2016年02月

入試当日、教室に入ってから試験が始まるまでの時間、予期せぬことが起こる場合があります。ちょっと変わった受験生がいることがあるのです。

・くりかえし「受験勉強してないけど、余裕」と言っている子がいる。

まあ、一種の自己暗示みたいなものだと思いますよ。「よゆ~」と言っている声が震えているかもしれません。ちょっとウザイやつだけど、これくらいならスルーできるかな。

・机の上に置いた受験票を落とされた。(明らかに故意。あっ、落ちた と言われる)

こうなると、嫌がらせですね。気持ちを乱されたり、カッとなってしまう人もいるかもしれません。

受験は、心理戦の面もあるので、こうした作戦を先輩からや塾の先生から聞き、実践する子もいるのでしょう。いずれにしても、はったりでしかないので、気にしないことが一番。

このブログを読んでくれた受験生は、こうした想定外の子がいるかもしれない、と頭のすみにいれているだけで、心に余裕を持てると思いますよ。

Microsoft Word - ss文書14





こんにちは。久々の登場!!

理科担当の永田です。


いよいよ,あと日だね・・・

公立高校入試 




みんなと初めて会ったのは,中1の夏の時期だったかな??

それから約年間,君たちと一緒に駆け抜いてきたね。



中1のころは「理科は難しい・・・」と口々に言っていた君たちが

今では「理科が得意教科になった!!」という子が多くなったね。


じゃ,どうして理科が上がったんだろう・・・??


年間,君たちを見てきた。

君たちのいいところは

素直さ


言われたこと,教えたことを素直に実行してくれたね。

時には「もっと,問題を解きたいからプリントをください」

と言ってきてくれた子もいたね。



また,時には勉強時間について厳しく注意したこともあったね。

(頑張っているのに何で?!)

そう思う子もたくさんいたと思う。

でも,次の週には全員が目標の時間まで勉強してきたね。



その「素直さ」が理科を伸ばしてくれていたと思います。




残りあとわずか・・・
1点でも多く理科の点数が伸ばせるように


私ができることは
① 君たちの多くの質問に必ず答えること。
② 入試に向けて声を掛け続けること。


あと3日,全力で君たちに声を掛け続けるから
君たちも全力で私にぶつかってきて下さい!!

IMG_3165
一緒に戦おう!!
 

新中1公開授業を終えて、子供たちや保護者の皆様から、いろいろな声をいただきました。

☆まだ習っていないことでも、わかりやすく教えてもらえた。
☆覚えることがいっぱいになりそうなのはいやだけど、がんばってみようという気になった。

★集団の授業で集中できるのか不安だったが、わかりやすかったと言っていた。
★楽しくて勉強する気になったと言っていました。

IMG_3242














ただ、竜洋校の中学生の勉強は、「わかりやすい」「楽しい」にはとどまりません。

私たちの最終目標は、子供たちが、自分で「できる」ようになることです。そのために何をすべきかは、3月からみなさんに伝えていきます。

中3の「直前理社」

公立高校入試の社会は、時代順・年代順に選択肢を並べかえる問題がよく出ます。受験生は、このタイプの問題が苦手。そこで、「時代の流れ」問題を集中的に解いてもらいました。

入試によく出る、と言われれば、集中力も増します。

IMG_3244









しかし、なかなか自力では解けない。
一通りやったあと、答え合わせをして、そのあと解説をじっくり読みます。

IMG_3246











答えを出すだけでなく、選択肢の時代(年代)や重要語句もチェックして、どうしてその答えになるのか説明できるように、と指示をしたら、みんな時間をかけて取り組んでいました。

そのあと、もう一度同じ問題を解く。もちろん1回目より速く正確にできました。
できた、という感触が残れば、もっと多くの問題に取り組む気力がわいてきます。1枚目は時間がかかった子たちも、2枚目、3枚目と、どんどん解き進めていきました。

文字どおりの直前期ですが、ここで「できた」という感触を持てたのは大きいと思います。

今月から、新たに竜洋校のトコ☆スタに参加してくれている小4の姉妹がいます。
IMG_3227








桐光に入ってから、学校でいくつかテストがありましたが、漢字のテストや算数の単元テストで、どんどん満点をとってきてくれます。

20160226124907_00004







この流れを、次の学年にも続けていけるように、指導をしていきます。

このページのトップヘ