桐光学院 竜洋校ブログ

桐光学院竜洋校のお知らせや、先生の個人的なことも(!?) お伝えしていきます!

稲垣

何のために (稲垣)

磐田地区の各高校でも体験入学があり、先週・今週と昼の講習の欠席や遅刻が見られます。

自分が行きたい高校を実際に見、授業の雰囲気を味わうなどして、どんな心境の変化があったでしょうか。

きっと貴重な経験ができただろうと思います。


昨日の夜の授業では、お盆の休講前のテキストチェックを実施し、進捗の確認や課題への取り組み方を見ていきました。


中には厳しいことを言わなければならない生徒もいます。

このままのペースではまずいと思えば、あらためて提出期限が指示されることもあります。


しかし、この夏の頑張りで入試までの動き方に大きく差がついてしまうのは周知の通り。

入試説明会でも、データをもとにしっかりお話させていただきました。


自分の目標を叶えるための頑張りです。

信頼し、応援してくれるご家族のための頑張りでもあります。

愚痴や泣き言は、頑張り切った後で聞きましょう。


まだまだできる。私たちはそう思います。


ひまわり2


台風一過 (稲垣)

昼の講習に来ると中三生は全員「暑い!暑い!!」と連呼しています。

皆より早く来てエアコンの効いていない教室に入った時のサウナのような暑さを味合わせてあげたい、と思ってしまうのは私の意地が悪いからでしょうか。


講習中はほとんどの子が自転車で来ますので、自転車を停めて少し横を向いてくれると、鮮やかな緑きれいな花が目に入ります。社会の智久先生がプランターの植え替えをしてくださいました。

台風の間は駐車場の奥に避難していましたが、あらためて配置し直しました。

こんなに暑くても、陽の下に出した方がピンと元気になるのだから植物の生命力はすごいですね。


皆と同じようにこの暑さに耐えて頑張っている姿を見て、少し元気と辛抱強さを分けてもらいましょう。

今週末は標準模試。

どんな花が咲くかは、直前まで諦めない頑張り次第です。


IMG_1983


IMG_1982


雨上がり (稲垣)

昨日の中三の授業時に学調テキストの進捗を確認したところ、数名の生徒を除いてきれいに横並びになっていました。

課題として最低限出されているページ数に、日曜以降の頑張りがプラスαされたといったところでしょうか。

夏休みの宿題は皆早めに進めているようなので、勉強にあてる時間をバランスよく割り振って欲しいと思います。

まずは、8/3(土)に新標準模試が実施されます。

ここまででしっかり学調向けの復習をしておいて、今の自分の立ち位置を把握できるようにしましょう。


昨日は早速確認テストをして、ここまでの頑張りが明らかになりましたね。

追試ではなかった子もホッとしていないで、足りていない部分にどんどん目を向け・手を付けていくべし。


そして遂に今日からは、入試説明会で図示された「夏休みの時間割がスタートです。

全ての日をカンペキにこなせないとしても、一回つまづいたことで「まぁ、いいか」にならないよう、折にふれて受験生としての心構えを思い起こしてください。


さゆり

雨降って (稲垣)

日曜日の「高校入試説明会」を経て、中三生の考え方や行動がどう変わるのか、大きな関心を持っています。

毎日安定した勉強時間を確保すること、教師への質問の回数や内容、夏休みの課題への取り組み方など、すぐに取り組めるものもあれば継続的に変化していく努力を要するものもあったと思います。


お子さんと話し合う中で、何が特に努力項目としてあがったでしょうか。


とはいえ、さすがに昨日の雷雨の中、校舎へ自主勉強に来なさいとは言えません。

授業の途中からは校舎の前の道が相当深く冠水しており、来てくれていても帰宅指示が出たことでしょう。


ただ、「家から出歩けなかった」ということは、「集中して勉強する時間を確保することができた」ということでもあるはず。

あるいは、「この夏休みに自分が努力する項目を整理し計画を立てることができた」かも。


「雨降って、地固まる」にしては少し降りすぎましたが、

恵みの雨になっているよう、今晩の授業の様子を注視しています。


雨降り


逆光

ローリングスタート (稲垣)

中三学調テキストが配布されてから3週間が経ちました。

それぞれの進め方や進める教科・単元に差が出てきています。


竜洋校でも「テキスト進捗表」が掲示されました。

毎回、校舎に来るたびに解き進んだ分を塗っていってもらいます。

男子は青・女子は赤で、さながら男女対抗戦の様相を呈しています。

周りの様子を見ている必要はありません。ここからはカーレースでいうローリングスタート

誰がダッシュして集団から飛び抜けるかです。


質問も出てきていますが、解いていてその場でできない問題を訊くというケースが多いように思われます。

訊いて解けた気になっていても、一週間後・一か月後に定着しているとは限りません。

しっかり付箋を貼って、時間を空けた上で解き直しまでして青丸を付けていきましょう。


どんなに基本的なことでも、はっきり「わかった」といえるまで質問してきてください。

そろそろ確認テストや抜き打ちの質問で理解度をチェックしていきますよ。

IMG_1985


IMG_1987


IMG_1981


livedoor 天気
ギャラリー
  • 自由で良いのなら(相馬)
  • 自由で良いのなら(相馬)
  • 自由で良いのなら(相馬)
  • 学調まであと2週間余り
  • 休講のお知らせ
  • 何のために (稲垣)
アクセスカウンター

    記事検索